債務整理後の住宅ローン審査は債務整理した時の信用低下が影響

借金問題,解決方法

債務整理後の住宅ローン審査は借金問題を整理した時の信用低下が響くことを知っておきましょう。

 

しかし、これはあまり気にすることがないと言えばないものでもあります。
短期的な事として、債務整理後すぐに住宅ローン審査を受けるとそれは当然信用不足で不合格になります。

 

しかし、借金問題を債務整理で解決してから数年後に住宅ローン審査を受けるという場合は
信用が回復している可能性が高いので、問題なく審査で合格を狙うことが出来ます。

 

要するに債務整理をすると信用は確実に落ちますが、それでもずっとその状態が続く訳ではありません。

 

債務整理後に金融会社を相手として金融機関でトラブルがないならそれ以上に信用が落ちることもなく、
古い情報は抹消されるので、信用に問題がなくなるというシステムになっています。

 

そのため、
・将来は結婚をしてマイホームを持ちたい!
・そのときに住宅ローンを活用したい!
・しかし今は借金問題を解決しなければならない!

 

そんな状況でも自分の長い人生の将来においては、その後に何もトラブルがないなら
住宅ローンを使えることは覚えておくと良いです。

 

ポイントは債務整理後にトラブルを起こさないことなので、しっかりと返済をするようにしましょう。

 

▼債務整理に強くて無料相談可能なおすすめ法律事務所リスト▼

>>無料相談可能な法律事務所の詳細はこちらから確認できます!<<