借金問題を債務整理で解決した時の家族への影響

借金問題

借金問題を債務整理で対処するとデメリットもあり、家族へ影響することがあります。

 

債務整理には複数の方法がありますが、どの方法を利用した場合でも個人信用情報機関5年から10年間記録が残り、この影響でその記録が消えるまではクレジットカードやローンの利用が難しくなります。

 

この記録が残るのは債務整理を行った本人だけですが、クレジットカードの家族カードを
発行しているとそれも使えなくなります。

 

借金の際に連帯保証人が必要になりますが、債務整理すると
減額された借金を保証人が弁済しなければなりません。

 

もし家族が保証人になっていると、家族も巻き込むことになります。

 

個人再生と自己破産では整理対象となる債務を選べず、全ての債務を対象に
しなければならないため、保証人付きの債務を除外できません。

 

返済できる見込みのない借金問題に対処するときには自己破産を利用しますが、
他の債務整理と異なり、一定以上の財産を処分しなければなりません。

 

持家であれば競売にかけられるので引っ越ししなければならず、
車も評価額によっては処分の対象になるため家族に影響します。

 

ただし、処分対象となるのは破産者だけであり、家族の財産には影響しません。

 

債務整理の方法や現在の財産によってデメリットの大きさが異なるため、
借金問題の状況に合った方法を選ぶ必要があります。

 

▼債務整理に強くて無料相談可能なおすすめ法律事務所リスト▼

>>無料相談可能な法律事務所の詳細はこちらから確認できます!<<